首都圏の色々なお店の女の子を押し倒して

首都圏には様々な風俗がありますが、その仲でも最近首都圏で多くなってきているのがデリヘル。色々なシュチエーションの中でプレイを行っていく事はなかなか楽しいものです。しかも、それが可能なのはデリヘルがとても自由度が高い風俗だからと言えます。ホテルの一室で待っていると制服姿の女の子が部屋をノックします。ドアをあけて中へ招き入れるとそこから先は嫌がる女の子を押し倒して恥ずかしい所を責めてみたりする。そんなプレイもデリヘルでは可能です。最初の設定で最後まで抵抗するとか途中から言いなりになるなどを決めごとをしておくとその流れに沿って楽しむ事が出来ます。こういったシュチエーションプレイこそデリヘルがもっとも得意とする自由度の高い楽しみの部分です。いきなり部屋に連れ込む為に先にシャワーを浴びてしまっているようにしてある所がちょっとミソですがそこはそれなりの御愛嬌です。こういってプレイではお互いがその役になりきってしまう事が大切です。恥ずかしがったりしないで思いっきり行くとかえってのめり込めて良いですね。今後も首都圏の色々な女の子を押し倒していき全国制覇していきたいなと思います。

表現出来ない気持ち。それが首都圏のオナクラ!

結構首都圏各地のオナクラに通っています。通い始めるようになってからあの快感っていうのが分かるようになってきたとでも言うんですかね。見てくれているのはもちろんですけど、自分が行くオナクラは手もありなんですよ。だからかなり美形の女の子が自分のモノを握る。まぁ風俗なんだからそれも当たり前だろって思うんですけど、想定していないというか、他の風俗なら「当たり前」に思うような事でも、オナクラだとそれが刺激になるというか。先日はみなみという女の子を指名しました。これがまた手の使い方がとっても上手で、自分としても快感のるつぼというやつでした。実は手の方が好きなんですよ。お口も悪くはないですよ。でもやっぱり自慰での経験が多いためか、手の方がしっくりくるというか。それもあって自分にとってはオナクラの方が向いているかなって思っているんですよ。それもあって、オナクラでの快感っていうのは自分にとっては表現しきれないものになっています。全国のオナクラの中でも首都圏のオナクラは全体的にレベルが高いのでぜひ利用してみてください。

首都圏ファッションヘルスの常連

首都圏、渋谷のある会社に務めているのですが、徒歩4分くらいの場所にファッションヘルスがあり、1週間か2週間に一回は通っています。すっかり常連で、男性スタッフとも気軽に話すくらいです。3日前にも仕事終わりにファッションヘルスに行きました。待機室を抜けると待っていたのは2,3回くらい相手してもらったことがある女の子でした。前にも会った事があるよね。よろしくお願いします。というと、向こうも覚えていたようで「●●さんですよね?よろしくお願いします」と、名前も覚えてくれていたようでうれしかったです。シャワー室でテキトーな会話を喋っていたんですが、「ここじゃゆっくり話すことも出来ないから・・・」といってベッドに移動。「その前に、エッチしよう。俺もう我慢できないですよ」エッチ開始。仰向けで寝そべる俺に圧し掛かるように覆いかぶさってキスをしてきます。体にその子のおっぱいがあたり、そっちばっかりに気を取られていました。でもキスも気持ちよかったですよ。今後、首都圏各地のファッションヘルスをめぐる旅にでも出ようかなと思います。

首都圏で話題の風俗ポータル